食材を楽しむ|宅配サービスのメニューで血圧を下げる|食事療法で病気を治そう

宅配サービスのメニューで血圧を下げる|食事療法で病気を治そう

ウーマン

食材を楽しむ

男の人

塩分が多い食事を長期にわたり続けると、高血圧などのn生活習慣病にかかる割合が非常に高くなります。そのため、日頃より減塩に心掛けることが重要となってきます。しかし、味付けの濃い料理ばかりを食べている人にとって減塩を習慣づけることは、なかなか大変なことでしょう。そこで効果的に減塩を進めるにはどうすればよいでしょうか。 日本高血圧学会によると、1日に摂取する塩分量は6グラムとされています。濃い味を好む人からすると、この量はおよそ半分以下ですので、食事もかなり薄味に感じることでしょう。そのため、減塩しようと一度に塩分量を減らすのは避け、徐々に塩分量を減らして行くようにしましょう。濃い味を好む人であっても、徐々に減塩することで舌がその味に慣れていきます。この方法で試してみましょう。

塩分の摂り過ぎからくる高血圧などを防止する対策が進められています。 その中で、特に佐久地方では、減塩に効果的とされ、多くの家庭で料理などに用いられている調味料があります。それが、「佐久式減塩だし醤油」です。この佐久式減塩だし醤油は、料理を作る際に使っても良し、食事の際の醤油代わりに使っても良しの万能調味料です。材料は、お醤油・お酢・だしの3種類で、作り方は、お醤油:お酢:だしを、3:2:5の割合で混ぜ合わすだけと、とても簡単です。 お酢はその酸味が、少量の塩分でも塩気を感じさせてくれます。佐久地方の方達は、この万能調味料でお味噌汁を作ったり、おひたしにかけたりして使っています。